皆さんこんにちは。

エックスモバイル鹿嶋店です。

 

限界突破WiFiの8月の契約数が、前月の7月に比べると、およそ3倍にふくれあがりました。

サービス開始すぐじゃないのに何でこんなに伸びてるの?と私も思ったので、実際にご契約いただいたお客様にご利用の用途を聞いてみました。

 

緊急事態宣言の発令により、会社員の方のリモートワークが本格化したことや、学校の授業が終日オンライン化になったことが影響しているようです。

他にも、学習塾などもオンライン授業を採用しているところが増えてきたこともあり、スマートフォンではギガ不足になってしまう人が増えたからです。

 

 

光回線とは

光回線とは、光ファイバーを利用してデータを送受信する通信回線のことをいいます。

光ファイバーとは「光を通す繊維」のことで、ガラスやプラスチックでできた細く透明な線です。

身近なところで言えば、透明な線でイルミネーションをしている商業施設や一軒家の装飾が、光ファイバーの一種です。

また、光回線は電磁波の影響を受けないため、通信速度が速いだけでなく、非常に安定しています。

回線が安定することで、突然ネットが繋がりにくくなったり、急に動作がカクカクしたりといったことを防ぐことができ、速度が安定して出るので、ストレスなくインターネットが利用できます。

 

モバイルWiFiとは

モバイルWiFiとは、簡単な設定をするだけで家でも外でも持ち運んで自由にインターネットが楽しめる通信端末のことです。

 

光回線とモバイル回線の違い

 

光回線は回線の工事が必要なものの、安定した高速通信が特徴です。

一方モバイル回線は回線工事が不要で、早ければ即日使用が可能です。

 

光回線のメリット

・常に安定した通信を利用できる。

電磁波の影響を受けない光回線は、ADSL回線やモバイル回線よりも大容量で安定した通信が可能です。

オンラインゲームや動画視聴をストレスなく楽しむためには光回線がおすすめです。

・高速通信

 

・使い放題

家族みんなでネットを使ったりすると、制限を気にしながらネットを使うのを面倒くさく感じることがあると思います。

光回線だと、制限を気にせずに好きなだけゲームや動画の視聴や写真のアップロードができます。

 

光回線のデメリット

・工事が必要。

光回線は申し込みから工事までかかる日数は数週間~1ヶ月程になる場合もあり、その間はネット環境がないので不便です。

このように光回線は工事の日程調整をして、工事当日も立ち合わなくてはならないため手間がかかります。

さらに引っ越し時には転居先で同じ光回線を継続するにも回線工事をしなければなりません。

引っ越しに伴い更新月以外に解約するなら違約金を支払わなくてはならないです。

 

・外では利用できない

光回線は、自宅のみの利用となるので、外出先でネットへ接続したいならスマートフォンのデータ通信やWiFiスポットを利用する必要があります。

スマートフォンのデータ量を消費しすぎると通信制限にかかったり通信費が高くなる可能性があります。

 

モバイルWiFiのメリット

・自宅以外の外出先でインターネットを利用することが多い人

モバイル回線は自宅だけでなくモバイル回線のサービスエリア内なら外出先でもネットを楽しめます。

公衆のフリーWi-Fiよりも電波が安定しており、セキュリティ面でも安全なので、外でWi-Fi接続を利用することが多い人におすすめです

モバイルWi-Fiは持ち運びが可能であり、docomo・au・Softbankの大手キャリアが提供する回線であれば、全国的な利用が可能です。

自宅にいることが少ない人や、出張が多い人など、自宅以外でインターネットを利用する事が多い人は、固定回線を引くよりもモバイルWi-Fiを使用したほうがコスパがよいでしょう。

 

・引っ越しが多い人

モバイル回線は工事の必要がないので端末本体が手に入ればすぐにネット環境が整います。

引っ越しの際も住所変更申請をするだけです。

自宅でインターネットを利用するけれど、2年以内の引っ越しが多いという人も、モバイルWi-Fiがおすすめです。

固定回線も契約の縛りがある場合が多く、引っ越しによって回線を移転する場合は解約違約金がかかりませんが、引越し先に回線が通っていないと解約するしかありません。

その場合も解約違約金の対象となってしまいます。

固定回線を引いても長く利用するかわからない場合は、モバイルWi-Fiのほうが解約違約金の心配が小さくてすみます。

 

・すぐに使い始めたい人

固定回線は回線を自宅に引き込むことで、インターネット環境を構築します。

そのため、契約時には回線を自宅に引き込むための回線工事が必要となります。

回線工事には費用や時間がかかってしまいます。

モバイルWiFiは端末を受け取るだけで開通準備が整います。

モバイルWiFiのデメリット

・バッテリー

モバイルWi-Fiルーターは軽くて小さい分、バッテリーの容量が少なく、固定回線のように常時インターネットに接続することはできません。

・モバイルWiFiによって電波がつながらないところがある

スマホや携帯と同様に、モバイルWi-Fiを使っても電波のエリア圏外ではインターネット接続はできません。

固定回線代わりにモバイルWi-Fiの購入を考えている人は、自宅がエリア圏内であることが絶対条件です。

また、エリア内でも利用者が多い時間帯や場所は、通信状態が良くないことがあります。

・通信制限がある

モバイルWiFiの場合1ヶ月〇GBまでという制限がつくことがあります。

 

 

限界突破WiFiは、docomo・au・Softbankの3種類の電波に対応しており、繋がりやすい電波を自動で取得します。

そのため、1種類の電波のみを利用するモバイルWiFiよりも安定して利用することができます。

 

 

 

格安SIM・モバイルWi-Fiルーター【限界突破Wi-Fi】・iPhone修理のエックスモバイル鹿嶋店

 

 

限界突破Wi-Fi 一日10GB使えて 月額3,850円!

格安SIM 5分無料通話がついて 月額1,078円~!!!

iPhone修理 4,180円~!

ガラスコーティング 1,100円~

 

最後までご覧いただきありがとうございます。