皆さんこんにちは。

エックスモバイル鹿嶋店です。

 

 

台風・ゲリラ豪雨・梅雨の時期は雨が多く降っていて水溜まりにスマートフォンを落としてしまったという経験は、ございませんか?

スマートフォンを水没させてしまった時にやってはいけない行動があります。

 

スマートフォンや携帯を水没させてしまった場合、何とか復旧しようと焦ってしまう気持ちは分かります。

 

まだ復旧する見込みがあるスマホの状態を悪化させてしまう。

もしくは故障の原因になる可能性があるため、やってはいけません。

 

・スマートフォンを水没させてしまった時にやってはいけない行動

1.スマホの電源をONにする

水没したスマホや携帯が故障していないか確認するために電源をONにしたくなりますよね。

端末の内部にまで水が入り込んでいる状態で電源を入れてしまうと、基盤がショートして故障してしまう可能性が高くなります。

また、電源がONになっている状態で水没させてしまった場合も、同様の理由ですぐに電源をOFFにしましょう。

 

2.水没したスマートフォンを充電する

水没してしまったスマートフォンや携帯の電源が入らないからといって、充電してはいけません。

充電は端末に電気を流してしまうので、基盤がショートして故障してしまう要因になります。

 

3.ドライヤーでスマホを乾かす

思いのほか多くの方がやってしまうNG行動に、ドライヤーで乾かすことが挙げられます。

ドライヤーを使えば早く乾かすことができてスマートフォンが復旧すると考えてしまいがちですが、実はドライヤーの温風でスマートフォンが熱くなりすぎてしまうことにより、回路が故障する原因になる可能性があります。

それなら冷風で乾かせば良いかというと、そうではありません。

ある程度の気密性が保たれているとはいえ、風圧で水が入ってしまう可能性もゼロではありません。

ドライヤーの風をスマホに当てるのは、そういう意味でも故障のリスクを高めます。

 

4.水没したスマートフォンを振る

水没したスマートフォンや携帯の水分を出そうとして端末を振ったり逆さにすると、水がさらに内部に入り込んでまだ濡れていなかった部分にまで浸透してしまうなど、状況が悪化してしまう恐れがあります

 

・水没したスマートフォンに対してやるべき応急処置

1.スマートフォン本体の水分を拭き取る

スマートフォンや携帯などの本体についている水分をタオルやキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

ケースなどを外すとしても、外側が濡れていてはその水が内部に入ることがあります。

 

2.SIMカード・SD・電池パックを取り出す

外側についている水滴をタオルなどで拭き取ったら、SIMカード・SDカードなどを取り出します。

スマートフォンや携帯のデータはSIMカード・SDカードに保存されているものもあるため、水滴を拭き取ることで、本体が故障していてもそれらの記憶媒体が壊れていなければ、そこに記録されているデータを復旧できる可能性を残せます。

また、電池パックを取り外せる機種であればこの時に電池パックも取り出して、SIMカード・SDカードと同様に水分を拭き取りましょう。

スマホ本体の水滴を拭き取っていたとしても思わぬところに水が浸入していることもあります。

カード類や電池パックを取り除く際には、水が内部に入り込んでしまわないようにそっと取り外すことが重要です。

 

3.ヘッドフォン端子などの水分を拭き取る

ヘッドフォンなどを差し込む穴である端子に水が溜まったままだと、そこから端末内部に水分が入り込んで故障の原因となるので、この部分の水分もしっかり拭き取る必要があります。

ティッシュを小さく丸めて端子に差し込むと、比較的簡単に水分を拭き取れます。

 

・スマートフォンを乾燥させる

1.密閉できる袋に乾燥剤と入れて乾かす

スマートフォンや携帯をティッシュで包んだら、乾燥剤と一緒にジップロックなど密閉できる袋に入れて置いておきます。

できるだけ袋の空気を抜いて密封状態にします。

この状態で本体内部まで入り込んだ水分が完全に乾くまで、1日以上置いておきましょう。

もし乾燥剤がなければ、吸水性がある生米でも代用が可能です。

生米場合は、ジップロックなど密閉できる袋にカップ1杯程度の生米と水没した本体を入れて、1日以上置いて水分を完全に取り除きます

 

2.天日干しする

水没したスマホや携帯を乾かすには、天日にさらす方法もあります。

ただし、気温が高い時は熱が精密機械に悪影響を与え故障の原因になる可能性があるので、時々確認しながら乾かす方が良いでしょう。

 

3.データのバックアップを取っておく

スマートフォンや携帯の復旧が出来たら、できる限り早急にデータのバックアップをとることをお勧めします。

復旧したスマホや携帯は一見回復したように見えますが、一度ダメージを受けた機種なのでいつ故障するか分からないリスクがあります。

復旧できたから使えると思ってしばらく使っていたら突然動かなくなったなどといった事態が起こると困るので、SDカードやUSBメモリー・Googleドライブなどのクラウドサービスにバックアップをとっておくことがお勧めです。

iPhoneの場合はiCloudやパソコンにバックアップしておくとことをお勧めします。

 

・まとめ

お客さまから修理問い合わせで水没してしまったとお問い合わせをいただきます。

スマートフォンや携帯を水没させてしまうと慌ててしまいますよね。

電源が入るか確認してしまいますよね。

しかし慌てて電源入れたり充電したりすると内部がショートしてしまうこともあります。

落ち着いて冷静に対処することが大切です。

復旧しなかったらデータ消えて困るという方は、こまめにバックアップを取ることをお勧めします。

 

 

格安SIM・モバイルWi-Fiルーター【限界突破Wi-Fi】・iPhone修理のエックスモバイル鹿嶋店

 

 

限界突破Wi-Fi 一日10GB使えて 月額3,850円!

格安SIM 5分無料通話がついて 月額1,078円~!!!

iPhone修理 4,180円~!

ガラスコーティング 1,100円~

 

最後までご覧いただきありがとうございます。